自宅で看取る!どんな準備が必要?

ひとむかし前までは、自宅で最期を迎える人が多かったですね。しかし、医療や医療保険の充実によって、徐々に病院で最期を迎える人が増え、やがて日本は世界の中でも特に病院で亡くなる人の割合が高くなりました。

しかし、近年わずかに状況の変化がみられるようになりました。病院での看取りが少し減り、その変わりに介護施設での看取りが増えてきています。自宅での看取りも若干ながら増えてきているんです。

ここでは、自宅で最期を迎えたい、あるいは家族の最期を自宅で看たいという人に役立つ情報についてご紹介します。

人生の最期、どこで迎えたい?

多くの人は、自宅で最期を迎えたいと願うのではないでしょうか。

しかし、“どんな状態になっても”自宅で最期を迎えたいのかと聞かれれば、答えが変わる人も多いですね。

病気の治療が必要なら、病院で最期を迎えるのは仕方のないことだと思う人もいるでしょうし、治療をしても治らない状態なら家で最期を迎えたいという人もいるでしょう。

そして、特に悩むのが介護の問題です。たとえば、病気の後遺症や老化、ケガなどで、一人で動くことができない場合、認知症でこれまでできていたことができなくなったりした場合、その介護の程度によっては、家で生活したくても“家族に申し訳ない”という気持ちから、自宅以外での生活を望む人も多いのではないでしょうか。

終末期といわれる状態のとき、高齢者の多くは全面的に介護を必要とする場合が多いです。そのため、家事はもちろん身の回りのお世話を何らかの形で受ける必要があります。

つまり、たとえ病院に入院する必要がない状態でも、介護の必要な状態だった場合、「本当は家で最期を迎えたいけど、施設に行こうかな」、家族の立場としては「家で介護してみてあげたいけど、不安がいっぱいだから施設にお願いしたほうがいいかしら」という風に考える人が多いんです。

この考えは決して、悪いことではありません。介護施設でも看取りのケアを行っている場合が多いですし、何より自宅で終末期の人をお世話するのは、とても大変なことです。家族が元気で、常に誰か家にいるような環境でないと、難しい場合が多いため、現代の核家族が多い社会ではなかなかハードルが高いですね。

しかしその一方で、在宅で介護を受けながら生活したり、最期を自宅で生活するための社会の構築がなされてきています。ですから、決して、絶対に無理というわけではないのも事実です。病院や施設に入っていても、終末期だけは自宅で過ごす、なんて人もいるんですよ。

住み慣れた自宅で最期まで暮らしたいと願う気持ちは、自然で素直な感情です。もし、介護してくれる家族の負担が心配なら、具体的にどんな方法で支援が受けられるのかを知ってから決めても遅くありません。

家族の立場としては、終末期の介護に対して不安な気持ちを持つのは当たり前のことです。でも、一人で行う必要はありません。むしろ、医療や介護のプロによる支援は、必要不可欠ともいえます。ですから、安心してください。もし、家族の最期を自宅で支援したいと思っているなら、きちんと体制を整えれば、あなたの力になってくれる人やサービスはたくさんありますよ。

終末期を迎えた家族がいる場合 できることは?

配偶者や親など、自宅での看取りをしようと思った時、家族としては何ができるでしょうか。まずは、家族全員、親族全員で、自宅で最期を迎えることについて話をしましょう。おそらく、一番身近にいて介護の中心となる人の意見を大切にされるでしょうが、なかには離れて暮らす家族から反対意見が出るかもしれません。

意見の対立は珍しいことではありませんが、きちんと話合って、合意を得ることは大切です。終末期を支える場合、家族が同じ方向を向いて本人の支援をすることが、本人にとっても、介護の中心を担う人にとっても大切なポイントになります。

一番大切なことは、いざ息をひきとりそうになった時、どうするかです。家で看取ろうと決心しても、いざという時には、人は慌ててしまいます。どうすればよいのか分からず、混乱するのは仕方のないことです。

そのため、訪問診療をしてくれるお医者さんに定期的に来てもらったり、夜間に対応してくれる訪問看護師さんの手配は必要不可欠です。これからどんなことが起こり得るのか、どうするべきなのかは、実際に本人の状態をみながら医療のプロに助言してもらいましょう。

積極的に医療や介護サービスを利用することで、家族の負担は軽くなります。専門的なことは、やはりプロに頼むべきですし、終末期を在宅で支えるためには家族の負担を取り除くことがとても重要です。

活用したいサービス

介護保険制度では、終末期を在宅で過ごすために必要なサービスを利用することができます。介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受けてケアマネジャーについてもらい、必要なサービスの計画を立ててもらうこととなります。

人生の最期を自宅で過ごす時には、訪問看護を利用して日々の体調を看てもらったり、医師の指示での点滴などの医療処置をお願いすることとなります。また、オムツ交換や身体をきれいにするなど、介護の支援のために訪問介護を利用すると、家族の介護量を少し減らすことができます。

電動ベッドや床ずれ予防マットなどは、福祉用具のレンタルで購入するよりもお金をかけずに利用することができます。

その他にも、便利なサービスはたくさんありますので、ケアマネジャーと相談しながら状態に合わせて利用していくとよいですね。

終末期になると、病院に受診するのは非常に困難です。自宅に往診に来てくれるお医者さんを探すことも大事です。特に、夜間に電話で相談できるお医者さんの存在は非常に心強いです。かかりつけ医を選ぶ時には、往診や夜間の対応をしているかどうかが大きなポイントです。どのお医者さんを選ぶべきか分からない時には、ケアマネジャーや役場の窓口に問い合わせるとよいですよ。

在宅での看取り介護に便利なアイテム

介護保険サービスで様々な支援を受けることができますが、すべての介護をサービスで補うのは困難です。やはり家族が支援することはたくさんあります。

そこで、持っていると便利、かつ安価に手に入れられるアイテムをご紹介しますね。

終末期になると、ベッドの上で過ごす時間が増えてきます。いずれ、食事がのどを通りにくくなったり、むせたりしやすくなる可能性が高いです。そんな時、お医者さんの指示で点滴をする場合もありますが、無理のない範囲で口から食べることを継続する場合、細かく刻んだり、ペースト状にしたり、ゼリーのように飲み込みやすいものにしたりする手間が発生します。

これは、一日に三度あることですから、案外大変です。最近、ドラッグストアなどには様々な形状の栄養食が売られており、とてもバリエーション豊かで便利なのをご存じですか?こうしたものを活用し、介護にかかる時間を減らす工夫も、大切ですよ。

まとめ

自宅で最期を迎えたいと願う気持ちは、ごく自然なことです。

家族としてできることは、100%家族だけで何とかしようとすることではありません。医療や介護のプロに支えてもらうことは、本人の苦痛を和らげることにもつながります。

自宅で看取る一番のメリットは、残された時間を落ち着ける環境で過ごせて、大好きな人たちとたくさんの時間を共有できることにあります。できるだけそばにいて、たとえコミュニケーションが難しい状態になったとしても、話しかけたり手を握ってあげることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA