施設での看取り 家族ができることは?

自宅での生活が困難になると、介護施設に入所するという選択をする人もいますね。介護施設では、一人一人の状態に合わせて、必要な介護や支援を受けながら、安心して生活を送ることができます。

しかし、誰もがいずれ老化や病気の進行などによって、最期のときを迎えます。いくつかの選択肢の中から、施設での看取りを希望した場合、家族ができることは何かないだろうかと考える人も多いでしょう。

ここでは、親や配偶者などが施設での看取りをすると決めたとき、家族としてできることをご紹介します。

人生の最期、どう迎える?

病気の進行や加齢により、いずれは誰もが終末期という時期を迎えます。高齢者の場合、徐々に食事がとれなくなったり、身体を動かすことが難しくなるなどし、医師から今後の生活についてどうするか、話し合うように言われる日がくるかもしれません。

ターミナルケアとは

ターミナルケア、という言葉がよく使われますが、これはもともと1960年代のイギリスで、がんなどの末期患者が入院している病院で言われ始めたことだそうです。人生の最期を、できるだけ苦痛や不快感を取り除きながら、残された時間を本人らしく生きることを重視するケアのことです。

やがて、この考え方は欧米に広がり、日本では1980年頃から広がっていきました。ターミナルケアは、延命治療により寿命をのばすのではなく、残された時間を充実したものにしようという考え方です。

高齢者の場合は、病気で余命わずかだと宣告される場合もあるでしょうし、加齢や認知症の進行により徐々に最期に向かっていく場合もありますね。そうした時、延命治療を希望するのか、それとも積極的な治療を希望せずに残りの人生を自分らしく生きるのかを選択することとなります。

終末期の判断は、医師が行います。本人または家族が、医師から病気がどう進行していくのか、治療をするとしたらどんな治療法があるのか、延命治療とは何なのか、などのメリットやデメリットを含めた説明を受け、最終的には本人や家族がその方向性について決定します。

もちろん、治療で治る見込みがある病気の場合は、施設にいても病院での治療をすすめられますから、これは終末期とは別の問題です。

終末期医療についての希望は、本人が決定することができればそれに越したことはありません。しかし、すでに介護施設に入所している高齢者の多くは、認知症などで意志疎通が困難な場合も多く、家族が説明を受けてその方向性を決めるケースも少なくありません。

介護施設で看取りはできる?

自宅での看取りは、不可能なことではありませんが、24時間誰かがそばにいたり、定期的に訪問診療や訪問看護などのサービスを利用したり、ベッドを含む道具を揃えたりと、すべての家庭で可能とは限りません。

特に、家族の負担が大きいことから、病院や施設での看取りを希望する家庭が多いのが現状です。ただし、病院は看取りを目的とした入院は原則できない(がんやエイズはのぞく)ため、自宅での看取りができない時には介護施設という選択肢に頼ることとなりますね。

介護施設は、実はたくさんの種類があり、それぞれ入所できる対象者や役割が違います。看取りを行っている施設とそうでない施設があり、それは施設の種類や経営方針によって異なります。

ここでは、看取りを行っている施設の一部をご紹介します。ただし、あくまでも一般的な情報です。もし、お住まいの地域に介護施設がある場合は、直接問い合わせると良いですよ。

・特別養護老人ホーム
介護保険の要介護認定3~5の認定を受けた人が入所できる施設です。自宅での生活が困難となった人が入所するため、看取りに対応している施設は多いです。

・介護老人保健施設
医師の指示によるリハビリや体調管理によって、在宅復帰を目指す施設です。その一方で、看取りの支援も行っている場合が多いです。要介護1~5の人が入所できます。

・介護付き有料老人ホーム
協力医療機関との連携により、看取りまで対応している施設は多いです。民間が運営している場合も多く、一定の基準をクリアし都道府県の認可をもらっていますが、設備などにより料金が大きく異なります。

・介護療養型医療施設

介護保険で入院できる病院です。病院なので、介護施設に比べると医療的なケアが整っていますが、病床数は減少傾向にあるため利用したい時に利用できない可能性も高いです。

施設での看取りのメリット・デメリット

できれば自宅で最期を迎えたいと思っていても、様々な事情により難しい場合がありますね。悩んでしまった場合は、施設で看取るメリットとデメリットを比較してみても良いのではないでしょうか。

施設でターミナルケアを受けるメリット

自宅で看取る時は、24時間何が起こるか分からないという不安や、介護量の多さから、介護をする家族の負担が大きくなります。施設で看取る場合、介護や看護はプロに任せることができるため、家族の負担感はグッと少なくなりますね。

それにより、本人とのコミュニケーションを図る時間に集中することができ、穏やかな気持ちで接することができます。

また、介護施設で看取る場合、調子が良い時にはホールに出て、他の利用者と交流するなど、ちょっとした社会交流もはかれます。地元の介護施設を利用する場合は、知った顔も多いでしょうから、本人にとっても良い場合がありますね。

施設でターミナルケアを受けるデメリット

施設によって、家族が泊まり込んで様子を見れるようにする設備がある場合とない場合があります。面会時間の制限などで、自宅にいる時よりも本人とのコミュニケーションをはかれる時間が少なくなる可能性もあります。

また、やはり自宅ではないということで、本人・家族ともに自由度が低いと感じる場面もあるでしょう。さらに、入所期間が長ければ長くなるほど、経済的な負担も増えがちです。

施設での看取り 家族ができることは?

施設でターミナルケアを受ける場合、介護や看護はプロに任せることができますから、果たして家族は何ができるのだろうと考えてしまうかもしれません。

介護をする必要性はあまりないかもしれませんが、それよりも話しかけたり、手や足をさすってあげたりして、本人が心地よいと感じることをしてあげると良いでしょう。問いかけに返事ができなくても、人は最期まで耳が聞こえると言います。しっかりと話しかけて、家族の声で安心させてあげることも大切です。

本人の意志がはっきりと分からない場合、治療方針や介護方針について説明を受けるのは家族です。何らかの決定をしなければならない場面もあるかもしれません。

そんな時のために、施設側もターミナルケアを行っている利用者の家族には、綿密に状態の報告をして、コミュニケーションを図ろうとします。できるだけ、面会時に職員からの説明を受けたり、不明な点は早い段階で解決できるように確認しましょう。

また、仕事などで日中の面会が困難な時も、職場に協力を得て万が一の時に備えて連絡がすぐにつくように準備しておくことが大切です。

とても重要なことは、家族や親族間できちんと話し合いをもち、施設での介護についての同意を得ることです。治療方針や介護方針を決定したにも関わらず、他の家族がそれに反対する意見を施設側に言うと、施設スタッフはどうするべきか混乱してしまいます。

施設での看取りは、本人と施設、そして家族全員が同じ方向を向いて本人の最期を支えることが大切です。

さいごに

今回は、施設での看取りに関して、家族ができることについてご紹介しました。

看取りができる施設は、お住まいの地域にいくらかあるかと思います。検討中の人は、まず見学してみて、看取りについての支援がどこまで行われているか確認することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA